大人も増加中のピアノレッスンに注目|楽しみながら習える

忙しくても資格取得可能

PCを操作するレディ

ビジネススクールの新形態

MBAというのは、経営管理修士または経営学修士の資格です。社会人向けにビジネススクールが週末や夜間に開校されてはいますが、働きながら学校に通うことの難しさは、誰もが知るところでしょう。勤めていれば、急な会議が入ったり、突然取引先に向かわなくてはいけなくなったりすることは日常茶飯事です。職場を挙げた強力なサポート体制でもない限り、スクーリングは続きません。そんな忙しいビジネスマンが学びやすいように、近年ではMBAの通信制教育が開かれているのをご存知でしょうか。実践的授業を必要とする資格なので、通信制で本当に学べるのか心配になるかもしれませんが、海外の有名大学などがMOOCs(オープンオンラインコース)を提供している事はすでに大きな話題になっています。インターネットをフル活用した講義なのでディスカッションも問題なく、細やかな対応を受けられるビジネススクールとして資格取得プログラムが実現されているのです。

利用するメリットとは

MBAの通信制教育プログラムを利用するメリットは、非常にたくさんあります。まず、忙しくてもインターネット環境さえあれば時間も場所も選ばず講義を受けることが出来ます。スマートフォンなどでも受講可能なので、自宅にいる必要すらありません。しかも双方向でディスカッション出来る仕組みを持っているところが多いので、議論も情報交換もまったく問題なく行うことが出来ます。一人でテキストを睨みながら続ける孤独な学問ではなく、実際に起きている問題を採り上げ、学生同士や教授とケーススタディが出来るシステムであれば、MBA取得のための本質的なトレーニングが可能です。他の受講生と議論出来る場を持つことは、自分の視野を広げることにもなり、大変刺激になります。資格取得後にビジネスの現場で実際に使える能力を身につけるだけでなく、卒業後の人的資源を作るためにも、こうした通信制の教育プログラムを利用する人が増えているのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加