大人も増加中のピアノレッスンに注目|楽しみながら習える

資格の内容や就業場所

ウーマン

どのような資格か

社会福祉士とは日常生活を送るのに支障がある人達に対し、福祉に関する相談を受けて、それをもとにしてアドバイスを行う福祉の専門職です。いわゆるソーシャルワーカーと呼ばれる人たちのことであり、行政や医療機関など各関連施設をつなぐ橋渡し的役割を担っています。社会福祉士になるためには国家試験に合格して、国家資格を取得しなければなりません。国家試験を受けるためには、福祉系大学など養成機関で所定の単位を修めるなどいくつかのルートがあります。ところで福祉系大学などの養成機関は、東京や大阪のような大きな都市にしかないと考えがちですが新潟県内にも存在します。大学や専門学校系のナビサイトで新潟県内の福祉系大学を確認することができます。また、サイトから資料請求ができるようになっています。

どんなところで働くのか

超高齢化社会の到来とともに、福祉関係の仕事に注目が集まっています。高齢になれば日常生活に支障をきたすことが多く、福祉の手を借りる必要があります。ところが、どのような福祉サービスをどの施設で受けられるのかなどの情報を知っている人はそれほど多くないでしょう。そこで福祉に関する相談にのり手助けを行う福祉の専門家が必要です。それが社会福祉士であり、新潟など各地にソーシャルワーカーとして活躍しています。ところで、社会福祉士が活躍できる場所はたくさんあります。例えば、障害者支援施設や特別養護老人ホーム、介護老人保健施設や児童養護施設などの社会福祉施設で働く人も少なくありません。また社会福祉協議会や病院などの施設で働く社会福祉士もいます。新潟県内にもこのような施設はたくさんあり、就職場所には困りません。

このエントリーをはてなブックマークに追加